湘南藤沢徳洲会病院 脊椎センター・脊柱側彎症センター

tel.0466-35-1177

お問い合わせ・ご予約

湘南藤沢徳洲会病院 脊椎センター・脊柱側彎症センター

医療設備について

先進のナビゲーション脊椎手術システムを装備

多軸血管撮影装置「ARTIS pheno(アーティス・フィノ)」を中心とするナビゲーション脊椎手術システムをはじめ、脊髄機能モニタリングシステムや手術用顕微鏡・内視鏡など、精度の高い脊椎手術を実現するための豊富な医療機器を装備しています。

ARTIS pheno(アーティス・フィノ)

当センターでは2012年10月1日より、術中画像支援システム「ARTIS Zeego(アーティス・ジーゴ)」とTrumpfの手術台、Curveナビゲーションの組み合わせによる、世界初のコンピューター支援手術システム(ナビゲーション脊椎手術システム)を開始しました。

「ARTIS zeego」はロボットの多軸駆動着想を得た術中画像支援システムで、ロボットアームで容易に患者様の体に画像撮影装置を近づけられます。また、撮影時間も最短5秒に短縮されます。コンピューター支援により、手術器具の位置を正確にナビゲーションしながら手術を行うため、安全性と確実性が高まりました。

2018年12月までに「ARTIS zeego」を用いて脊椎に1万8千本以上のスクリューを挿入、入れ替えを必要としたのはその内38本(0.002%強)でした。
2019年2月、「Artis zeego」をベースに様々な改良が加えられた新世代のシステム「ARTIS pheno」を導入、来るべきロボット脊椎手術のプラットフォームとして欠くことのできないものとなりました。

ARTIS zeego(2012年10月~2019年1月)

ARTIS zeego(2012年10月~2019年1月)

図9-3:特発性側彎症に対する小切開手術の創部 手術痕が脇の下に隠れてわかりにくい

ARTIS pheno(2019年2月~)入換え新導入

ナビゲーション脊椎手術システム

ナビゲーション脊椎手術システム

ナビゲーション脊椎手術システム

ナビゲーション脊椎手術システム

ARTIS pheno(アーティス・フィノ)の特長

新設計のCアーム

ロボット技術を取り入れた特長的な多軸構造を踏襲しつつ、Cアームのオープンスペースを大幅に拡大しています。その結果、Cアームと患者、手術器械との干渉に対する余裕が生まれ、手術中のCアームのセッティングもスムーズかつ迅速に行なうことができます。また、干渉を回避するため現在は慎重、入念な患者固定、安全確認を必要としているCT様画像撮影、全脊柱撮影等もスピーディに施行できます。この新設計Cアームにより、さらなる手術時間の短縮が期待できます。

新設計のCアーム

基本画質性能の向上

Artis phenoは従来とはコンセプトの異なる次世代のX線検出器(プラットパネルディテクタ)、新型X線管を採用しており、これに合わせて画像処理系も一新され、得られる透視、撮影画像はさらに高精細かつ高画質なものとなりました。椎体やインプラント等の構造、位置関係をさらに鮮明に観察でき、治療精度の向上に寄与します。

進化したCT様画像技術

ナビゲーション手術には必須の技術ですが、上述した収集画像の高画質化により、CT様画像もさらに高精細かつ高品質となります。ナビゲーション手術の精度がさらに向上するばかりでなく、CT様画像から得られる高精度な3次元的位置情報は、近い将来の脊椎ロボット手術において有用に活用されるものと期待されます。
なお、このCT様画像関連の付加機能も新たに製品化されており、いずれも脊椎手術に有用です。

  • メタルアーチファクト除去技術:インプラント等の金属に起因するアーチファクト(偽像)はCT様画像劣化の原因となり、挿入状況の確認が困難なケースがあります。このアーチファクトを効果的に除去することで、迅速かつ確実なインプラントの確認、評価が可能となります。
  • インプラント挿入誘導技術:インプラントの挿入経路を計画し、透視下での誘導を支援する技術ですが、複数の経路計画が可能となり、側彎症を含む脊椎手術の有用性が高まっています。
進化したCT様画像技術

ナビゲーション手術には必須の技術ですが、上述した収集画像の高画質化により、CT様画像もさらに高精細かつ高品質となります。ナビゲーション手術の精度がさらに向上するばかりでなく、CT様画像から得られる高精度な3次元的位置情報は、近い将来の脊椎ロボット手術において有用に活用されるものと期待されます。
なお、このCT様画像関連の付加機能も新たに製品化されており、いずれも脊椎手術に有用です。

  • メタルアーチファクト除去技術:インプラント等の金属に起因するアーチファクト(偽像)はCT様画像劣化の原因となり、挿入状況の確認が困難なケースがあります。このアーチファクトを効果的に除去することで、迅速かつ確実なインプラントの確認、評価が可能となります。
  • インプラント挿入誘導技術:インプラントの挿入経路を計画し、透視下での誘導を支援する技術ですが、複数の経路計画が可能となり、側彎症を含む脊椎手術の有用性が高まっています。

進化したCT様画像技術

清潔に配慮した装置設計

液体の溜まりを防ぐために外装の段差やつなぎ目を最低限とし、外装自体にも抗菌コートを施すことで装置自体を清潔に保つ工夫がなされています。また、天井方向に伸びていた高圧ケーブルも無くし、菌類や埃等の堆積し難い構造となっています。装置自本体の清潔維持に注目し、設計に生かした初のCアームシステムであり、感染症予防の観点からも有用です。

清潔に配慮した装置設計

動画によるご紹介

パンフレット
  • Artis Zeegoを中心とした頸椎・胸椎・腰椎および脊柱側彎症手術

    日本語版

    read more

  • Cervical, thoracic, lumbar spine and scoliosis surgery - with Artis zeego

    英語版

    read more

主要設備