脊椎疾患の種類

脊椎に発生する疾患は、加齢による脊椎の変化で生じる「変形性脊椎症」や「脊椎すべり症」や「椎間板ヘルニア」などによる神経の圧迫という高齢者に生じる疾患から、悪性腫瘍や炎症性疾患、外傷、先天性の異常など様々な疾病があります。 また、「脊柱側弯症」「脊椎側弯症」など脊柱変形をきたす疾患もあります。
<変性・加齢>

脊椎すべり症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性頚髄症など。脊柱管狭窄症は高頻度で発生します。また、脊柱靭帯骨化症もあります。


<腫瘍>
転移性脊椎腫瘍や原発性脊椎腫瘍など。

<炎症>
慢性関節リウマチに伴う破壊性脊椎症や細菌感染による化膿性椎間板炎・脊椎炎など。

<外傷>
脊椎圧迫骨折、脊椎脊髄損傷、鞭打ち症など。

<代謝異常>
先天的な脂質や糖の代謝異常など種々あります。脊柱変形を生じることがあります。

<先天性形態異常>
先天性癒合椎や1/2椎などの脊椎の骨の形成不全など。脊柱変形を生じます。

<脊柱変形>
思春期に生じる特発性側彎症があります。また、症候性側彎症といって種々の疾病にともなって発生する脊柱変形も多くあります。さらに、40代以後に目だってきたり、問題を生じてくる成人側彎症もあります。

<血管障害>
急性硬膜外出血など。

<他>
人工透析中に発生してくる破壊性脊椎症など。

 

頚椎、胸椎、腰椎で疾患は異なるか?

疾患としては、基本的に異なることはありません。前項でも説明しました疾患が頚椎でも胸椎でも腰椎でも発生します。

 

例えば椎間板ヘルニアは、頚椎でも胸椎でも腰椎でも発生します。 ただし、それぞれの部位で、それぞれの疾患の発生頻度は、多少異なります。 頸椎に発生しやすい疾患や、腰椎に発生しやすい疾患ということはあります。

 

脊椎の疾患ではどのような症状がでるのでしょうか?

前項に記載した疾患が、脊椎(頚椎、胸椎、腰椎、骨盤)に生じると、脊髄や馬尾神経そして神経根を圧迫して様々な症状を発生します。 

<頚椎>
頚肩腕のしびれや痛みが頻繁に生じる症状です。 脊髄が強く圧迫されるような状態になりますと、しびれや痛みだけではなくて麻痺が生じます。手指の巧緻運動障害といって、はしが使いづらい、書字がうまくできない、ボタンを上手くかけることができない、といったような症状です。 また、下肢を支配する神経も頸部の脊髄の中を通っていますので、下肢のしびれや歩行障害も生じます。 痙性歩行といって、下肢のコントロールがしづらく、転倒しやすくなるとか、階段を下りるのが恐ろしいというような症状が出ます。 さらに重度の麻痺になりますと排尿や排便のコントロールにも障害をきたします。

<胸椎>
体幹や下肢のしびれや痛みが発生することがあります。 脊髄が胸椎部で強く圧迫されるような状態になりますと、運動麻痺や知覚麻痺が生じてきます。 痙性歩行、具体的には、下肢のコントロールがしづらく、転倒しやすくなるとか、階段を下りるのが恐ろしいというような症状が出ます。 さらに重度の麻痺になりますと排尿や排便のコントロールにも障害をきたします。

<腰椎>
下肢のしびれや痛みが発生します。いわゆる坐骨神経痛や大腿神経痛が生じます。 腰部から臀部そして大腿部後面、そして下腿の後面や側面にかけて痛みが出現するのが、坐骨神経痛です。 また、足関節や足指の筋力が低下して歩きにくいこともあります。 腰部脊柱管狭窄症では、間欠性跛行といって、すこし歩くと下肢が痛くなったりだるくなったりして歩けない、少し休むとまた歩ける、そしてまた歩けなくなって、といったことを繰り返す歩行障害が生じます。 さらに強く神経が圧迫されると排尿や排便の障害を生じることもあります。

<脊柱側彎症、脊柱変形>
外観の問題、腰背部痛、重度になれば呼吸苦、また食欲不振などを生じる場合もあります。