手術方法

手術の前に、非手術的な治療を行うことも大切です。それぞれの疾患に対して手術の方法は種々あります。 しかし、神経への圧迫を取り除き、脊柱の安定性や支持性をしっかりさせるといった基本は同じです。 脊柱の安定性をしっかりさせるために脊椎固定術(いろいろな方法があります)を行うこともあります。 

変性・加齢
変形性脊椎症による脊柱管狭窄症による痛みや麻痺に対して、頚椎でも腰椎でも脊柱管を拡大する手術を行います。腰部脊柱管狭窄症では〔図1〕のように神経への圧迫を解除します。脊椎すべり症や変性側彎症や脊椎不安定症による脊椎狭窄症に対しては神経の圧迫を解除してさらに脊椎固定術を行います。〔図2〕。頸部脊柱管児狭窄症には図――のような脊柱管拡大術を行って脊髄の圧迫を除きます。

図1 椎弓形成術、変形性脊椎症による腰部脊柱管狭窄における神経への圧迫の除圧
図1 椎弓形成術、変形性脊椎症による腰部脊柱管狭窄における神経への圧迫の除圧
図2 腰椎すべり症に対する除圧ならびにインストゥルメンテーションを用いた脊椎固定術
図2 腰椎すべり症に対する除圧ならびにインストゥルメンテーションを用いた脊椎固定術

椎間板ヘルニア〔図3-1〕に対しては、一般的にはできるだけ小さな切開で顕微鏡や内視鏡下でヘルニア摘出術を行います〔図3-2〕。 

図3-1 椎間板ヘルニア、脱出した椎間板組織の一部が神経根を圧迫
図3-1 椎間板ヘルニア、脱出した椎間板組織の一部が神経根を圧迫
図3-2 椎間板ヘルニアの摘出術
図3-2 椎間板ヘルニアの摘出術

腫瘍

腫瘍を取り除いて、人工椎体〔図4〕やインストゥルメンテーションといってスクリューやロッドを用いて脊椎をしっかり安定させます。

 

図4 転移性脊椎腫瘍などに対する腫瘍切除と人工椎体置換術
図4 転移性脊椎腫瘍などに対する腫瘍切除と人工椎体置換術

炎症

慢性関節リウマチに伴う破壊性脊椎症では、神経への圧迫を除いてインストゥルメンテーションを用いて脊椎をしっかり安定させます〔図5〕。化膿性椎間板炎・脊椎炎では、排膿して、さらに脊椎固定を行うこともあります。

 

図5 慢性関節リウマチにおける破壊性脊椎症に対する インストゥルメンテーション手術、神経の圧迫を取り除いた上で脊椎の支持性を再建します
図5 慢性関節リウマチにおける破壊性脊椎症に対する インストゥルメンテーション手術、神経の圧迫を取り除いた上で脊椎の支持性を再建します

外傷

破壊された脊椎の骨を除去したり、脱臼した脊椎の骨をもとへ戻して神経への圧迫を取り除き、さらにインストゥルメンテーションを用いて脊椎を安定させるために脊椎固定術を行います。骨粗鬆症に伴う圧迫骨折に対しては脊椎固定術を行います。 


先天性形態異常

癒合した脊柱を切り離したり、1/2とか1/4しか形成されてない脊椎の骨を切除したりして、そこへインストゥルメンテーション手術を行って脊柱の変形を矯正して固定します。 


脊柱変形

特発性側彎症に対しては、小切開で手術を行うことができます。腋の下の2cmほどの切開を6-7箇所作成して、あるいは7cm程度の小切開を2箇所行って、そこから内視鏡でサポートしながら、すべての手術操作を行い脊柱変形の矯正と固定を行います。従って、手術痕がほとんどわかりません〔図6〕。同時に十分な矯正ができます。

図6 特発性側彎症に対する小切開手術、術前・術後
図6 特発性側彎症に対する小切開手術、術前・術後

血管障害

硬膜外出血などは、脊椎の骨の一部を切除して、脊髄を圧迫している血腫を取り除きます。 
 
 
人工透析中に発生してくる破壊性脊椎症などでは、慢性関節リウマチの頚椎に対する治療と同じように神経への圧迫を除いてインストゥルメンテーションを用いて脊椎をしっかり安定させます。