脊柱側彎症

脊柱側彎症とは?

脊柱側彎症とは脊柱が側方に彎曲する状態を指します。同時にカーブの凸側へ向かって脊柱がねじれる状態になります。 側彎症には特発性側彎症と症候性側彎症があります。 
 
いわゆる特発性側彎症は、まだ原因がわかっていません。脊柱の椎骨の成長が筋肉や靭帯などの軟部組織の成長より相対的に多いためではないかとか、同じ脊柱の椎骨の中でも前方の椎体側の成長と後方の椎弓側の成長に相対的な差があって生じるのではないかなど諸説がありますが、まだ正確にはわかっていません。成長が終了すると側彎症の進行は基本的に停止します。特発性側彎症には、乳幼児期、学童期、思春期のそれぞれの時期に発生するものがありますが、思春期、すなわち第2成長期(10-15歳)ごろに発症進行するものが最も多く見られます。 

それに対して、さまざまな病気に伴って発症してくる症候性側彎症があります。例えば先天性に椎骨の骨が1/2とか1/4しか形成されていない場合や、背骨が癒合して成長できないために彎曲してくるといった先天性の脊柱変形、体を支える結合組織が弱い疾患(マルファン症候)、脊髄空洞症がある場合など、さまざまな病気に合併起因して脊柱変形が発生してくる場合があります。 

 

脊柱側彎症の評価方法

X線写真でご覧になれますように、曲がっている脊柱の各椎骨に沿って引いた線が集まる範囲をもって、その側彎症の範囲とします。そして、その範囲の角度をもって側彎症の重症度を評価します。これをCobb角といいます〔図7〕。このCobb角が30度ぐらいでは、変形が目立たないので一般的には手術を行いません。40度を越えて50度ぐらいになりますと、変形が目立ってきますので手術治療を行う場合が増えてきます。 

特発性側彎症では、胸椎のカーブや、胸腰椎移行部を中心とするカーブや、胸椎と腰椎の両方にカーブがある場合など、いくつかのカーブのパターンがあります。具体的には、胸椎の右凸シングルカーブ、胸腰椎移行部の左凸シングルカーブ、胸椎と腰椎にカーブのあるダブルカーブなどが多く見られます。 


側彎症が生じるとどのような問題が発生するのでしょうか?

側彎症は、脊柱が側方へ曲がるだけではなくて、脊柱が側彎の凸側へ回旋、すなわち捩れてくる、脊柱の3次元での構造変化です。したがって、胸郭が左右いずれかにシフトして、体のくびれが左右対称でなくなるだけでなく、さらに左右いずれかの背中が隆起してくるとかといった、外観上の問題が生じます。特発性側彎症は、思春期の女性に多く発症しますので、外観上の問題は重要になる場合があります。 

次に、脊柱の変形に伴う胸郭の変形に起因する呼吸器の障害(肺活量の減少)が問題になることがあります。 

また、側彎症があるために、成人以降に、ことに中年になってから腰痛や背部痛が側彎症のない方と比較して発生しやすい可能性も否定はできません。 

さらに、胸腰椎カーブでは骨盤が傾斜して、ベルトやスカートの端が傾くとか、ウェストラインが左右対称でなくなるといった状態が発生することもあります。