脊椎センター・脊柱側弯症センターのご紹介

湘南藤沢徳洲会病院 脊椎センター・脊柱側弯症センターの江原です。当センターは、2004年夏に茅ヶ崎徳洲会総合病院に開設されました。徳洲会グループにおいて開設された初めての脊椎や脊柱側彎症の手術に専門特化したセンターです。

 

その目的は、高度かつ最先端の安全で確実な脊椎外科手術を皆様に提供することです。増加の一途の脊椎疾患の治療に対して、手術の安全性を確実に実現獲得するためのコンピューター支援手術や顕微鏡手術、さらに内視鏡を利用した脊柱側彎症手術など、高度かつ最先端の脊椎手術を行っております。

 

<日本語>

<English>

当センターでは、脊椎疾患全般を扱い、高度かつ最先端の手術治療を行います。

  • 腰部脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、椎間板ヘルニア、頚椎症性頚髄症、脊柱靭帯骨化症(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症)、腰椎変性側弯症
  • 特発性側彎症や症候性側彎症などの脊柱側彎症や脊柱後弯症などの脊柱変形
  • 脊椎の腫瘍性疾患
  • 慢性関節リウマチや人工透析に伴う破壊性脊椎症

世界初のコンピューター支援脊椎手術(ナビゲーションシステム)「Zeego」を使用

「Zeego」はCT様画像作成装置、連動するTrumpf製手術台、さらにカーブナビゲーションシステムと連動させた世界初のハイエンドスペックコンピューター支援手術システムを導入しています。手術中にコンピューターの支援を受けてリアルタイムに手術器具の先端の位置を3次元的に正確にナビゲーションしながら手術を行います。従って、神経の除圧や脊椎骨へのスクリューの挿入や脊椎骨の骨切りなどを、正確に、かつ安全に行うことができます。手術の安全性と確実性が飛躍的に高まります。(>>論文)

 

湘南藤沢徳洲会病院への新築移転にあたり、これまでのナビゲーションシステムに加えて、新たにZeegoCT 用画像装置、Trumpf連動手術台、Curveナビゲーション装置の組み合わせという世界初のコンピューター支援脊椎手術(ナビゲーション脊椎手術システム)を装備し、より高度でより安全でより確実な脊椎手術を皆様に提供させて頂きたいと考えております。 

 

傷の目立たない内視鏡サポートの小切開での脊柱側彎症手術を行っています。

特発性側彎症の手術では、江原が日本の医療器械メーカーと15年以上にわたり開発してきました内視鏡を利用した小切開による脊柱変形前方矯正固定術を行っています。これはわきの下の小切開で手術を行うことができるので、手術痕が小さくて目立たない、かつ強力な矯正力を示す手術です。

 

手術中に脊髄機能をモニタリングしながら手術を行います。

手術中に感覚誘発電位を測定して、脊髄機能をモニタリングしながら手術を行います。脊柱側彎症の手術ではさらに運動誘発電位による脊髄機能モニタリングを行っています。従って神経系の異常が万が一発生すれば、それをすぐに発見でき対策を講じることができます。

 

 

脊椎外科の手術は安全であることがとても重要です。そのため、当センターでは、このようにコンピューター手術支援システム(ナビゲーションシステム)や、内視鏡や顕微鏡、また脊髄機能モニタリングシステムなど最新鋭の手術機器を装備して、正確で安全な脊椎手術を行っています。

 

センター長の江原は、脊柱側彎症に対する内視鏡を利用した小切開で行う手術の研究開発におけるパイオニアです。脊柱側彎症の手術をわきの下の小さな手術創のみで手術を行うシステムを1994年より考案開発してきた当分野をリードする脊椎外科医です。また、日本で初めて脊椎手術にナビゲーション手術を導入したコンピュータ支援システム(手術ナビゲーションシステム)の豊富な使用経験を持っています。

 

 

また手術室では脊椎外科専属の看護師に加え、レントゲン技師、検査技師、メディカルエンジニアもすべて固定されたメンバーで手術を行います。 

 

2004度の日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会の会長を務めました。